スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

豪華客船で恋は始まる 1 聖地 ヴェネツィア港

JUGEMテーマ:BL小説

 

作品  : 豪華客船で恋は始まる 1 
作者  : 水上ルイ先生
聖地  : ヴェネツィア港
国名  : イタリア
アクセス: ヴェネツィア旧市街 ローマ広場より車で数分

       モノレールでローマ広場より数分 徒歩も一応は可能

 

 

 

 

実家の海運会社の経営が傾き、立て直すために世界有数の海運会社

バルジーニ家の養子(という名目で、実際は跡取り息子のオモチャ)に

させられる事になった、日本の高校生・湊。

バルジーニ家にふさわしい人間になるように、と、世界一の豪華客船に

乗せられて厳しい教育が始まるが、教育係の船長・エンツォは

スーパーモデルのような超美形、でも超イジワルで・・・・

 

今日のBL聖地巡礼は、ヴェネツィア港。

メガビットのBLシリーズ、豪華客船で恋は始まる、の原点、1巻から

バルジーニ海運の本拠地、ヴェネツィア港のご紹介です。

 

日本から連れて来られた時には散々エンツォに反抗していた

湊ですが、ニースからヴェネツィアの1週間の航海の間に

しだいに教育係であるエンツォに惹かれてゆきます。

船長としてのストイックな姿勢、ちょっとあわてた可愛い顔、

そして、甘い甘い恋のレッスン。

船が最終目的地のヴェネツィアに着いたら、教育係のエンツォとは

永遠に別れ別れになって、自分はバルジーニ家の息子のものに

させられる・・・・

好きになってはいけない人なのに、好きになる心を止められない。

 

最終目的地、ヴェネツィアに着いた朝、それはエンツォと永遠に

別れる朝。

どんな気持ちで湊はこのヴェネツィア港を見たのか・・・・と

思うと、現在9巻まで刊行されていて顛末を知っている私でも

ヴェネツィア港についた朝にはうるっときました。

 

ヴェネツィア港は、世界遺産になっているヴェネツィア旧市街の

一番端にあります。

港で停泊中の船のデッキに出ると、そこからはヴェネツィアの

オレンジの街並みが広がっていて、本当に美しい光景です。

世界中を航海している、港のエキスパートである豪華客船の船長が、

最も美しい港からの出航風景は、ヴェネツィアと地中海のバレッタ、と

言っていました。

それほど、本当に、ヴェネツィア港からの出航は美しいです。

いずれ、ジュデッカ運河を出航していく光景もご紹介できれば、と

思っています(^^)

| 豪華客船で恋は始まる | 11:01 | comments(0) | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--